オジロアシナガゾウムシ(ゾウムシ科)

January 31, 2019

体長 8.9~10.1mm

林縁、草地、河川敷などのマメ科のクズの上で、茎に抱きついて身動きせずにじっとしているのがよく見られます。
触れたりすると足を離して地上に落下し、足を抱えて死んだふりをします。
体の白黒の模様は鳥の糞に似ており、天敵の鳥から身を守っていると考えられています。
メスはクズの茎に穴を開けて卵を産みつけ、幼虫はその中で育ち、クズのその部分は虫こぶになります。
成虫は4月~11月に見られ、成虫で越冬します。
(写真)2019.6.11 加西市網引町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 24, 2020

September 24, 2020

September 20, 2020

September 19, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia