カブトムシ(コガネムシ科)

January 29, 2019

体長 27~56mm

雑木林に多く、クヌギ、アベマキ、コナラなどの樹液に集まります。
基本的に夜行性で、昼間は樹木の根元、腐植土や枯葉の下などで休み、夕暮れとともに起きだして餌場まで飛んでいきます。
しかし、餌場争いに負けた個体や産卵期のメスは、日中でも樹液にいることがあります。
樹液以外に、腐りかけた果物などの汁もなめるようです。
幼虫は、朽木や枯葉が微生物によって土状に分解された腐植土を食べて育ちます。
成虫は、6月~8月に見られます。
(写真)オス 2016.8.11 明石市明石公園

(写真)メス 2018.8.8 明石市明石公園

 

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

August 3, 2020

August 2, 2020

August 1, 2020

August 1, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia