コツクバネウツギ


マツムシソウ目 スイカズラ科

高さ2mほどになる落葉低木で、日当たりのよい丘陵の雑木林に生えます。

日本の固有種で、本州(中部地方以西)、四国、九州に分布します。 5月~6月に枝の先に黄白色~黄色の花を1~7個つけ、花粉は昆虫が運びます。 ガクは基部まで2~3裂し、5裂するツクバネウツギと見分けることができます。 ツクバネウツギより花が小さいことから名づけられました。 (写真)2012.5.12 加古川市上荘町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square