ツクバネウツギ

January 26, 2019

マツムシソウ目 スイカズラ科

高さ2mほどになる落葉低木で、日当たりのよい山地や丘陵に生えます。

日本の固有種で、本州(東北地方の太平洋側、関東地方、中部地方以西)、四国、九州(北西部)に分布します。
5月~6月に枝の先に花を2個ずつつけ、花粉は昆虫が運びます。
ガクは基部まで5裂し、2~3裂するコツクバネウツギと見分けることができます。
9月~11月に熟す果実には5裂したプロペラ状のガク片が残されており、羽根つきの羽根に似ていることから名づけられました。
(写真)2020.5.12 小野市小田町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 24, 2020

September 24, 2020

September 20, 2020

September 19, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia