ヤマツツジ

January 25, 2019

ツツジ目 ツツジ科

高さ1~3mになる半常緑の低木で、低山の明るい林内、林縁、尾根筋、草原に生えます。

日本の固有種で、北海道(南部)、本州、四国、九州に分布します。
花は4月~6月に咲き、花粉は昆虫が運びます。
春に出て秋に落葉する葉と、夏から秋に出て緑のまま冬を越す葉があります。
ツツジの名前は、万葉集や古今和歌集に「イワツツジ」として出てきますが、その由来はよくわかっていません。
(写真)2012.5.4 加西市豊倉町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 30, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 28, 2020

September 28, 2020

September 24, 2020

September 24, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia