コジキイチゴ


バラ目 バラ科

高さ1~2mの落葉低木で、林縁などの日当たりのよいところに生えますがあまり多くありません。

日本の本州(東海地方以西)、四国、九州と朝鮮半島南部、中国、台湾、インド、スリランカ、東南アジアに分布します。 花は5月~6月に咲き、花粉は昆虫が運びます。 果実は6月~8月に黄赤色に熟し、食べられます。 茎や複葉の軸にはカギ状のトゲが生え、紅紫色の毛が密生しています。 名前の由来は、果実の中が空洞になっていて、弥生時代の土器で蒸し器として使われた甑(こしき)に似ているところから、コシキイチゴがコジキイチゴになったという説が有力なようです。

兵庫県レッドデータブック:Cランク

(写真)2014.7.21 多可町中区

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square