イタチハギ


マメ目 マメ科

北アメリカ原産で日本には1912年に渡来し、法面緑化用、飼料用、観賞用として1940年代以降に本格的に導入されたものが日本全国で野生化しました。

落葉の低木で高さ2~5mになり、河川敷、海岸、荒れ地などで野生化しています。 花は5月~6月に咲き、花の色が黒紫色をしていることからクロバナエンジュの別名があり、花粉は昆虫が運びます。 生態系被害防止外来種リスト:重点対策外来種

日本の侵略的外来種ワースト100 (写真)2016.5.21 小野市黍田町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia