カナメモチ


バラ目 バラ科

常緑の小高木で高さ5~10mになり、照葉樹林の構成種です。

日本の本州(東海地方以西)、四国、九州(西部)と中国南部、東南アジアに分布します。 花は5月~6月に咲き、花粉は昆虫が運びます。 果実は12月頃に赤く熟し、野鳥が食べて種子を散布します。 若葉が赤くてきれいなので、よく生垣に植えられます。 材は堅く、農具の柄などに使われました。 名前の由来は、「材が扇の要(かなめ)に使われたモチノキによく似た木」からきたのではないかといわれています。

(写真)花 2019.5.19 加西市玉野町

(写真)果実 2018.12.16 加西市笹倉町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square