リョウブ

January 1, 2019

ツツジ目 リョウブ科

落葉の小高木で高さ8~10mになり、乾いた落葉樹林に多く生えます。

日本の北海道(南部)、本州、四国、九州、沖縄と済州島に分布します。
花は6月~8月に咲き、ハナカミキリなど多くの昆虫が集まります。
樹皮は不規則な薄片になってはがれ落ち、幹にまだら模様が残ります。
新芽は山菜としてテンプラなどにして食べられるほか、昔は食糧不足を補うのに米や雑穀にまぜてリョウブ飯として食べられました。
(写真)2018.7.11 三木市志染町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

August 3, 2020

August 2, 2020

August 1, 2020

August 1, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia