クリ

December 17, 2018

ブナ目 ブナ科

落葉の高木で山地に生えますが、果実が大粒な多くの品種が栽培されています。

野生のものは、栽培品種と区別してシバグリと呼ばれます。
日本の北海道(石狩・日高地方以南)、本州、四国、九州と朝鮮半島中南部に自生します。
雌雄同株で、雌花は雄花の付け根のところに着きます。
花は5月~6月に咲き、花粉を運ぶ昆虫を呼び寄せるため特有の強い香りを出します。
果実は他のブナ科の果実(どんぐり)と違ってタンニンが少なく、食用として広く利用されています。
材は堅くて腐りにくいことから、建物の土台や鉄道の枕木として使われていました。
(写真)果実 2016.9.24 篠山市今田町

(写真)花 2018.6.30 多可町八千代区

 

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

October 27, 2020

October 27, 2020

October 27, 2020

October 24, 2020

October 24, 2020

October 23, 2020

October 18, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia