アキニレ

December 17, 2018

バラ目 ニレ科

落葉の高木で、川岸や荒れ地によく生えています。

日本の本州(中部地方以西)、四国、九州、沖縄と朝鮮半島、中国、台湾、インドシナ半島に分布します。
花が9月に咲くことから、アキニレという名がつけられました。
風媒花で、花粉は風で運ばれます。
果実も平たくて薄い翼(よく)が周りについていて、風で遠くに運ばれます。
樹皮が不規則な鱗片状にはがれるのが特徴で、幹を見れば他の樹木と簡単に見分けられます。
街路樹、庭木、公園樹としてもよく植えられています。
(写真)果実 2015.10.11 小野市黍田町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

November 24, 2020

November 24, 2020

November 19, 2020

November 16, 2020

November 15, 2020

November 15, 2020

November 14, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia