ネムノキ

December 16, 2018

マメ目 マメ科

落葉の高木で、川岸や荒れ地によく生えています。

日本の本州、四国、九州、沖縄と朝鮮半島、中国南部、台湾、南アジア、インド、イラン北部に分布します。
花は、6月~7月に咲きます。
葉は夜になると閉じて垂れ下がり、眠っているように見えることから「眠りの木」と呼ばれ、これからネムノキという名前になりました。
他のマメ科の植物と同様に根に根粒菌が共生し、空気中の窒素を養分として利用できるため、やせ地でもよく育ちます。
街路樹として利用されるほか、塩害に強いことから海岸線の防風林として利用されてきました。
(写真)花 2016.6.11 小野市黍田町

(写真)果実 2019.8.23 三木市福井

 

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 28, 2020

September 28, 2020

September 24, 2020

September 24, 2020

September 20, 2020

September 19, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia