スイカズラ(忍冬;ニンドウ)

December 12, 2018

マツムシソウ目 スイカズラ科

常緑のつる性木本で、林縁や道端に生えます。

日本の北海道(南端)、本州、四国、九州と朝鮮半島、中国、台湾に分布します。
花は5月~6月に咲き、甘い香りがします。
花の咲きはじめは白い色をしていますが、次第に黄色に変わります。
花の香りは昼間より夜の方が強く、花粉を運ぶ夜行性のガを呼び寄せるためと考えられています。
冬を耐え忍んで緑色の葉をつけていることから、忍冬(ニンドウ)とも呼ばれています。
(写真)2012.5.20 加古川市上荘町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 24, 2020

September 24, 2020

September 20, 2020

September 19, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia