ツバメ

November 4, 2018

スズメ目 ツバメ科

全長 17~18cm

夏鳥として渡来し、人家周辺や農耕地で見られます。
台湾、フィリピン、マレー半島などで越冬しますが、中には日本国内で越冬するものもいて「越冬ツバメ」と呼ばれています。
泥と枯草を唾液で固めた巣を民家の軒下など人が多い場所に造りますが、これは天敵であるカラスなどが近寄りにくいためと考えられています。
巣立ちを終えたヒナと親鳥は、河川敷やため池のヨシ原などに数千羽から数万羽集まって集団ねぐらをつくります。

飛んでいる昆虫を空中で捕まえて食べます。
(写真)2018.4.3 丹波市青垣町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

August 9, 2020

August 8, 2020

August 3, 2020

August 2, 2020

August 1, 2020

August 1, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia