ハシボソガラス

November 3, 2018

スズメ目 カラス科

全長 50cm程度

留鳥で、農耕地、河川敷などの開けた環境に生息します。
ハシブトガラスとよく似ていますが、クチバシの上の額が出っ張っていないところで見分けることができます。
ペアは年間を通して縄張りを持ち、繁殖期以外は決まった林に集団でねぐらを持ちます。
雑食性で、昆虫、鳥の卵やヒナ、小動物、動物の死がい、果実、植物の種子などを食べます。
元々ハシブトガラスが森林に、ハシボソガラスが人里近くの開けた場所に生息していましたが、ビルや家が建ち並んだ市街地で見られるのはほとんどがハシブトガラスです。
(写真)2017.3.11 加古川市尾上町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 20, 2020

September 19, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 16, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia