モズ

November 2, 2018

スズメ目 モズ科

全長 19~20cm

留鳥で、開けた林や川辺の林、農耕地で見られます。
動物食で、昆虫、節足動物、甲殻類、両生類、小型のは虫類、小鳥、小型の哺乳類などを食べます。
捕まえた獲物を木の枝などに突き刺しているのを秋になるとよく見かけますが、「モズのはやにえ」と呼ばれています。
これは、モズの足の力が弱く獲物をつかんで食べることができないので、獲物を固定する手段にしているのではないかという説があります。
また、冬の食糧を確保しておくためという説もありますが、獲物を食べずに放置したままのものが多く、その理由はよくわかっていませんが、本能に基づいた行動のようです。
(写真)オス 2016.2.28 丹波市青垣町

(写真)メス 2016.11.25 小野市黍田町

 

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

October 27, 2020

October 27, 2020

October 27, 2020

October 24, 2020

October 24, 2020

October 23, 2020

October 18, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia