マエアカスカシノメイガ(ツトガ科)


開張 29~31mm 幼虫がモクセイ科のネズミモチ、キンモクセイ、イボタノキなど、庭や公園によく植えられる樹木の葉を食べるため、人家の周辺でもよく見られます。 成虫は主に昼間に活動しますが、灯火にもやってきます。 成虫は、3月~11月に見られます。 (写真)2018.10.22 加西市玉野町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia