ニホンジカ

September 30, 2018

ウシ目 シカ科

頭胴長 オス90~190cm メス90~150cm
山地で広く見られ、加古川流域では北部に多く生息しています。
数が増えすぎたため、農業や林業に大きな被害を与えています。
オスは角を持ち、毎年生え変わります。
群れで生活し、通常はオスとメスは別々の群れをつくります。
一夫多妻制で、交尾期には一部のオスが縄張りをつくり、その中に多くのメスを従えたハレムをつくります。

(写真)2016.8.15 丹波市青垣町

 

 

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

August 3, 2020

August 2, 2020

August 1, 2020

August 1, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia