アオヒゲナガトビケラ


トビケラ目 ヒゲナガトビケラ科

開張 18~20mm 前翅長 6~7mm トビケラの仲間の中では最も普通に見られるもののひとつで、平地の川や池の周辺で見られます。 幼虫は緩やかな流れの川や池の中に砂粒と植物片で筒状の巣を作り、落葉や藻類を食べて生活します。 成虫は何も食べません。 成虫は、4月~10月に見られます。 (写真)2017.6.3 小野市古川町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square