ムチンシママメヒラタアブ(ハナアブ科)


体長 5~6mm 林縁などで見ることができます。 従来ノヒラマメヒラタアブとされていましたが、日本に生息するものは別の種であることが判明したため、日本のものはムチンシママメヒラタアブに、中国大陸のものはタイリクシママメヒラタアブに改称されました。 シママメヒラタアブとよく似ていますが、足の付け根が黒いことで見分けることができます。 幼虫は、植物につくアブラムシを食べます。 成虫は、9月頃に見られます。 (写真)2017.9.16 加西市網引町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia