キマダラカメムシ(カメムシ科)

September 13, 2018

体長 20~23mm
都市部の公園や緑地の樹木の幹で見られます。
いろんな樹木の汁を吸います。
台湾~東南アジアを原産地とする外来昆虫で、江戸時代の1770年代に長崎の出島で見つかっています。
2000年頃から分布を北に広げ始め、関東地方まで見られるようになりました。
兵庫県では2008年に「たつの市」で見つかったのが最初で、都市部を中心に見られるようになり、鉄道や自動車、貨物輸送などによって分布を広げていると考えられています。
加古川流域では、加古川市、稲美町、三木市、小野市、加西市、西脇市で確認しています。
成虫は4月~11月に見られ、成虫で越冬します。
(写真)2017.8.31 小野市黍田町

 (写真)幼虫 2017.8.31 三木市別所町

 

 

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

August 9, 2020

August 8, 2020

August 3, 2020

August 2, 2020

August 1, 2020

August 1, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia