ヤニサシガメ(サシガメ科)


体長 12~16mm 松の木の幹でよく見られ、体の表面が粘着物でおおわれています。 いろんな昆虫やクモを捕まえて体液を吸います。 成虫は5月~10月に見られ、成虫で越冬します。 (写真)2016.6.5 多可町加美区

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square