セイヨウミツバチ(ミツバチ科)


体長(働きバチ) 12~14mm ヨーロッパ~中央アジア原産ですが、ハチミツを採るために飼育されています。 オオスズメバチに巣をおそわれたときにニホンミツバチのようにうまく撃退できず、日本では野生化していません。 成虫は、3月~11月に見られます。 (写真)2018.6.24 加古川市尾上町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square