アメリカジガバチ(アナバチ科)


体長 20~25mm 北アメリカ原産の外来昆虫で、第二次世界大戦後にアメリカ軍の軍需物資について渡来したといわれています。 壁などに泥で巣をつくり、小型のクモ類を麻痺させて生きたまま巣に運び込み、そこに卵を産み付けます。 成虫は、6月~9月に見られます。 (写真)2017.6.28 加古川市八幡町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square