ギンツバメ(ツバメガ科)


開張 25~29mm 昼間に飛ぶガで、林縁の葉の上によく止まっています。 幼虫は、キョウチクトウ科のガガイモ、オオカモメヅルなどの葉を食べます。

キョウチクトウ科の植物は有毒で、成虫になってもこの毒の成分を体に貯めておくことにより、鳥などに食べられないよう身を守っていると考えられています。 成虫は、5月~10月に見られます。 (写真)2014.9.14 多可町加美区

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia