ヒメジャノメ(タテハチョウ科)


開張 40~50mm 雑木林の周辺、川の堤防などの明るい草地に見られ、樹液や腐った果実、動物の糞に集まります。 幼虫は、チヂミザサ、チガヤ、ススキ、ネザサなどのイネ科の植物とカサスゲなどのカヤツリグサ科の植物を食べます。 成虫は、5~10月に見られます。 (写真)2017.9.16 加西市網引町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia