コムラサキ(タテハチョウ科)


開張 55~70mm 河川敷のヤナギの木の周りで見られるチョウで、樹液にもやってきます。 幼虫はヤナギの仲間の木の葉を食べます。 オスは、羽の表側が光線の方向で紫色に輝きます。 成虫は、6~9月に見られます。 (写真)メス 表 2015.8.22 加東市河高

(写真)裏 2016.5.21 小野市黍田町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia