クロボシツツハムシ(ハムシ科)


体長 4.5~6.2mm 林縁の木の葉の上で見られるハムシです。 成虫は、コナラやクヌギなどのブナ科植物、ノイバラなどのバラ科植物、マメ科植物の葉を食べ、幼虫は地表で腐植質を食べます。 鳥がまずくて食べないテントウムシに似ることにより、身を守っていると考えられています。 成虫は、4~6月に見られます。 (写真)2017.5.7 小野市黍田町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square