ラミーカミキリ(カミキリムシ科)


体長 10~15mm 成虫はイラクサ科の植物やムクゲの葉を食べ、幼虫もこれらの植物の茎の中に入り髄を食べます。 本来は東南アジア、中国、台湾に分布していますが、日本には幕末から明治時代に侵入してきたと考えられています。 繊維の原料となるイラクサ科のラミーという植物を食べることから名づけられました。 成虫は、5~7月に見られます。 (写真)2018.7.12 小野市黍田町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square