ハラビロトンボ

August 9, 2018

トンボ目 トンボ科

体長 33~40mm
日当たりがよく水生植物の茂った湿地や休耕田に生息しますが、河川敷の草原でよく姿を見ることができます。
オスは若いときはメスと同じように黄色地に黒いすじがありますが、成熟すると全身が黒化し、さらに成熟が進むと腹が青灰色の粉を帯びます。
成虫は、4月下旬~10月下旬に見られます。
(写真)成熟の進んだオス 2017.5.27 西脇市落方町

 (写真)黒化したオス 2017.5.21 丹波市山南町

 

(写真)メス 2016.6.11 加西市網引町 

 

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

August 3, 2020

August 2, 2020

August 1, 2020

August 1, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia