ミヤマカミキリ


コウチュウ目 カミキリムシ科 

体長 32~57mm 

低地の雑木林に普通に生息し、都市公園などでも見られます。

幼虫は、広葉樹の生木の心材部を食べます。

成虫は5月~8月にクリ、コナラなどのブナ科の樹木で見られるほか、クヌギやミカン類の樹液にも集まります。

日本の北海道~九州と、朝鮮半島、中国(北部~中部)、東シベリアに分布します。

(写真)2021.7.7 明石市明石公園

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square