ホソキリンゴカミキリ


コウチュウ目 カミキリムシ科 

体長 14~19mm 

平地から低山地に広く生息し、雑木林、河畔林、緑地公園などで見られます。

幼虫は、フジ、ハギ類などの細枝に入り込んで木部を食べます。

成虫は5月~8月に見られ、フジ、ハギ類のほかハンノキ、ヌルデ、クリなど多種類の広葉樹の葉を後食します。

日本の本州、四国、九州と、朝鮮半島、中国、アムールに分布します。

(写真)2021.5.26 小野市来住町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square