チャオビフユエダシャク


チョウ目 シャクガ科 

開張 オス32~38mm 

晩冬から早春にかけて現れるガで、成虫は2月~3月に見られます。

メスは翅が退化して2~3mm程度の痕跡があるだけで、飛ぶことができません。

幼虫は、コナラ、クヌギ、イロハモミジ、ソメイヨシノの葉を食べることが知られています。

日本の固有種で、本州(中部地方、東海地方、近畿地方)、四国(徳島県)、九州(福岡県)に分布します。

(写真)オス 2021.2.22 明石市明石公園

(写真)オス 2021.2.22 神戸市西区伊川谷町潤和(赤羽神社)

(写真)オス 2021.2.15 明石市明石公園

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia