エサキモンキツノカメムシ


カメムシ目 ツノカメムシ科 

体長 11~13mm 

背中(小盾板)に黄色のハート形の紋があることで、容易に見分けることができます。

ミズキ、フサザクラ、イヌシデ、ケンポナシ、ヤマウルシ、ヤマハゼ、ヌルデ、サンショウ、カラスザンショウなどに寄生して汁を吸うことが知られています。

成虫は5月~10月に見られ、成虫で越冬します。

日本の北海道~九州と、朝鮮半島、中国、台湾に分布します。

(写真)2021.1.16 三木市別所町小林(八幡神社)

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia