アカシマメイガ


チョウ目 メイガ科 

開張 21~29mm 

幼虫はイヌツゲの葉を食べる害虫として知られていますが、ネットの「暁の蛾類図鑑」ではコノテガシワの枯葉、イブキの生葉、チャノキの樹皮を食べるとされています。

日本産茶樹害虫目録(南川仁博、防虫科学第22巻-1、1958年2月、京都大学)にはアカシマメイガが掲載され、加害部位として「枝に食入」と記載されています。

成虫は、7月~8月に見られます。

日本の本州、四国、九州と、朝鮮半島、中国、台湾に分布します。

(写真)2021.7.1 明石市太寺天王町

(写真)2021.7.13 明石市太寺天王町

(写真)2021.7.13 明石市太寺天王町


Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square