Blog

September 23, 2019

コウノトリ目 コウノトリ科 

全長 110~115cm 
湿地生態系の頂点に位置する鳥で、現在ではアジアの極東地域に2000羽ほどしか生息していません。
肉食性で、フナ、ドジョウなどの淡水魚、ヘビ、カエル、バッタなど多様な動物を餌としています。
また、3月~4月の繁殖時には湿原に面した大木の樹上に巣をつくって2~6個の卵を産み、造巣・抱卵・育雛は雌雄共同で行います。
ロシア極東地方や中国東北部等で繁殖し、中国の長江中流域、台湾、韓国、日本などが主な越冬地です。
日本へは冬季にまれに飛来し、日本で繁殖し周年生息する個体群が過去には広く見...

January 28, 2019

カイツブリ目 カイツブリ科

体長 25~29cm

留鳥で、流れの緩やかな川や湖沼に生息します。
水上で生活し、ほとんど水から出ることはありません。
主に動物食で、潜水して魚類、昆虫、甲殻類、貝類などを食べます。
繁殖期には縄張りを持ち、水辺近くの水生植物や杭などに水生植物の葉や茎を組み合わせた逆円錐状の巣を雌雄で作ります。
(写真)2014.1.13 稲美町六分一(喜瀬川流域)

January 28, 2019

カモ目 カモ科

全長 52~58cm

ユーラシア大陸中北部と北アメリカ中北部で繁殖し、日本には冬鳥として渡来します。
越冬時は海上の比較的沿岸部の浅瀬や河口、内湾などに生息し、沿岸近くの湖沼に入ることもあります。
動物食で、海中を潜水して魚類を捕まえて食べます。
(写真)オス 2017.1.1 明石市(明石川河口)

January 28, 2019

ペリカン目 サギ科

体長 58~65cm

留鳥で、河川、湖、池沼、湿原、水田、海岸などに単独か小さな群れをつくって生活します。
夜間に水辺で両生類、魚類、昆虫、クモ、甲殻類などを捕まえて食べ、昼間は水面に張出した樹上などで休んでいます。
繁殖時には、他のサギと集団繁殖地(コロニー)をつくります。
幼鳥は上面が褐色の羽毛で被われ、黄褐色の斑点が入り星のように見える事からホシゴイの別名があります。
平安時代の醍醐(だいご)天皇が池にいたこの鳥を見つけて捕えるように家来に命令したところ、鳥は家来が近づいても逃げることなくおとなしく捕まったので...

January 28, 2019

ペリカン目 サギ科

全長 58~66cm

本州中部以西で留鳥として海辺の岩場に生息し、河口や干潟にいることもあります。
他のサギのようにコロニーをつくらず、単独かペアで生活します。
肉食性で、魚類、甲殻類、貝類を食べます。
繁殖するときは、海辺の樹木や岩の上に巣をつくります。
九州以北では黒い岩場に適応した黒い羽のタイプが、南西諸島には白いサンゴ礁に適応した白い羽のタイプがいます。
兵庫県レッドデータブック:Bランク
(写真)2014.10.5 明石市(明石川河口)

January 28, 2019

チドリ目 セイタカシギ科

全長 35~40cm

ヨーロッパ西部、地中海沿岸、サハラ砂漠を除くアフリカ、南アジアから東南アジア、東アジア南部で繁殖し、日本へは冬鳥として越冬にやってくるか、旅鳥として渡りの途中で立ち寄っていました。
しかし、千葉県、東京都、愛知県、大阪府では繁殖が記録されるようになり、これらの地域では留鳥となっています。
主に海岸に近い水田、浅い池沼などに生息し、周辺の砂泥地で繁殖します。
動物食で、浅い水辺で昆虫の幼虫や甲殻類、小魚、オタマジャクシなどを捕まえて食べます。
環境省レッドデータブック:絶滅危惧Ⅱ類
兵庫県レ...

January 28, 2019

チドリ目 チドリ科

全長 23~26cm
シベリアとアラスカ西部のツンドラ地帯で繁殖し、冬は東南アジア、オーストラリア、インド、アフリカ東部で越冬します。
日本には渡りの途中で旅鳥として立ち寄りますが、本州中部以南では越冬するものもいます。
渡りの時期には、水田や草原、干潟や河原、河口などで見られます。
昆虫類や甲殻類などを捕まえて食べますが、植物の種を食べることもあります。
ダイゼンとよく似ていますが、ダイゼンよりくちばしは細く見え、羽に黄色い斑点があるのが特徴です。
(写真)2018.4.12 明石市(明石川河口)

January 28, 2019

チドリ目 チドリ科

全長 14~17cm

留鳥として、川の中流域の河原、海岸、水田、畑などに生息します。
昆虫類やミミズ類を食べ、特にユスリカなどの小型昆虫をよく食べます。
眼のアイリングの黄色がはっきりしていること、胸の黒帯が前面でつながっていること、でシロチドリやイカルチドリと見分けることができます。
(写真)2018.4.12 明石市(明石川河口)
 

December 5, 2018

カモ目 カモ科

全長 50~65cm

冬鳥として渡来し、池、川、海岸などで見られます。
群れで生活し、日中はよく寝ています。
植物食が中心の雑食で、水草の葉や茎、植物の種、貝類などを食べます。
(写真)オス 2018.12.5 稲美町加古

(写真)メス 2018.12.5 稲美町加古

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

October 18, 2020

October 18, 2020

October 14, 2020

October 13, 2020

October 10, 2020

September 30, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Google+ - Black Circle

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia