Blog

October 6, 2019

イネ目 イネ科 

田のあぜ、道端の湿ったところなどに生える一年草で、高さは20~50cmになります。
日本の北海道~沖縄と、朝鮮半島、中国(南部)、台湾、東南アジア、インド、オーストラリアに分布します。
花は、9月~11月に咲きます。
葉は笹の葉を短くしたような形をしており、形が魚のフナに似ているとして名づけられました。
八丈島では、絹織物の黄八丈を染める染料に使われています。
(写真)2019.10.4 小野市来住町

October 6, 2019

イネ目 カヤツリグサ科 

水田のあぜなどの湿ったところに生える多年草で、高さは10~20cmになります。
日本の本州(関東地方以西)~沖縄と、朝鮮半島、中国、台湾、東南アジア、インドに分布します。
花は7月~10月に咲きます。
ヒメクグと大変よく似ていますが、ヒメクグの花穂が球形であるのに対し、花穂が少し縦長の楕円形をしています。
また、花穂の下につく苞葉は下向きに反曲してつき、小穂の竜骨に小さなトゲがある(ヒメクグはトゲがない)ことで見分けることができます。
(写真)2019.10.4 小野市来住町

October 5, 2019

イネ目 イネ科 

はげ山、ため池の土手など貧栄養な草地に生える多年草で、高さは0.6~1mになります。
日本の本州(東海地方以西)~沖縄と、中国、インドに分布します。
ウンヌケほど茎が長くなく、花穂は2~5本と少ないのが特徴です。
花は、9月~10月に咲きます。
茎の基部は赤褐色を帯び、基部の葉鞘には毛がないことがよく似た環境に生えているウンヌケとの区別点になります。
ウンヌケと違って上部の葉鞘の縁に白色の軟毛を密生します。
兵庫県内では播磨地域、阪神地域、淡路地域とウンヌケより広い範囲で見られます。
環境省レッドデータブック:準絶滅...

October 5, 2019

イネ目 イネ科 

はげ山、ため池の土手などに生える多年草で、高さは0.8~1.5mになります。
日本の本州(岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、兵庫県)、四国(徳島県)、九州(大分県)と、中国、インドに分布します。
兵庫県では播磨地域南部のはげ山とその周辺のため池の土手で見られ、姫路市、加西市、小野市、加古川市、高砂市で確認されています。

この地域のはげ山を無理に植林しようとすると、ウンヌケに代表されるようなはげ山の貴重な植物が失われることになってしまいます。
葉に対して茎が長いのが特徴で、花穂はススキに比べて少なく10本以下です。

花は、9...

October 3, 2019

イネ目 イネ科 

川の上流の河原や浅い水中の砂地や礫のところに生える多年草で、高さは1.5~2mになります。
日本の本州~沖縄と、朝鮮半島、中国、台湾、ロシア(ウスリー)に分布します。
花は、8月~10月に咲きます。
ヨシと違って流れのあるところに生え、地表をはう匍匐枝を伸ばして広がります。
葉はヨシが20~50cmあるのに対しツルヨシは20~30cmと少し短く、茎の節に白毛が生えること、葉鞘が紫色を帯びることなどが特徴です。
(写真)2019.9.14 多可町加美区

October 2, 2019

イネ目 イネ科 

ため池や川の土手、日当たりのよい草地に生える多年草で、高さは0.7~1.5mになります。
日本の本州~沖縄と、朝鮮半島、中国、東南アジア、インド、オーストラリア、アフリカに分布します。
花は、9月~10月に咲きます。
上部の葉の脇から赤褐色の長い芒(ノギ)を持った小穂を6個着けた短い枝を出しますが、結実するのはそのうちの両性の1個だけで、残りの5個は雄性です。
カルカヤは茅葺屋根をふくオガルカヤとメガルカヤの総称ですが、主にメガルカヤが使われます。
雄刈萱(オガルカヤ)に対して優しい感じがするということで雌刈萱(メガ...

October 1, 2019

イネ目 カヤツリグサ科 

熱帯アメリカ原産の多年草で、高さは0.3~1mになり、河川敷、ため池の縁、造成地の湿ったところなどに生えています。
日本には1950年代に渡来したといわれ、本州(関東地方以西)~沖縄に帰化しています。
花は、7月~9月に咲きます。
生態系被害防止外来種リスト:重点対策外来種
(写真)2019.9.29 加古川市尾上町

September 23, 2019

キジカクシ目 キジカクシ科 

湿地周辺の林縁、水田のあぜ、湿った草地に生える多年草で、花茎の高さは40~50cmになります。
日本の固有種で、北海道~九州に分布します。
花は花茎に多数つき、7月~9月に咲きます。
ミズギボウシと似ていますが、雌しべが花冠の外に突き出ること、葉に明瞭な葉柄があり葉の幅が5~8cmと広いことで見分けることができます。
種子には翼があり、風で運ばれます。
(写真)2019.9.20 三田市大川瀬

August 21, 2019

イネ目 イネ科 

日当たりのよい畑地、河原、空き地、道端などに生える一年草で、高さは15~60cmになります。
日本の本州~沖縄と、世界中の暖帯~熱帯に広く分布します。
花は、8月~10月に咲きます。
茎が地面付近をはうように広がることから踏みつけに強く、駆除が大変な畑地の雑草です。
日なたに生えるたくましい芝ということで、「雄日芝」と名づけられました。
(写真)2019.8.20 三木市平井

July 30, 2019

イネ目 カヤツリグサ科 

田のあぜ、水辺、湿地に普通に生える多年草で、高さは30~50cmになります。
日本の北海道~沖縄と、朝鮮半島、中国、南千島に分布します。
花は5月~6月に咲き、先端の小穂は雄性で、その下に1~3個の雌性の小穂をつけます。
(写真)2019.6.3 三田市大川瀬

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 24, 2020

September 24, 2020

September 20, 2020

September 19, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Google+ - Black Circle

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia