Blog

July 24, 2020

ビャクダン目 ビャクダン科 
ツガ、モミ、アセビなどに半寄生する落葉低木で、高さは1~2mになります。
花は雌雄別株で、5月~6月に咲きます。
日本の本州(関東地方以西)、四国、九州に分布します。
果実が羽根つきの羽根に似ていることから名づけられました。
若葉は食べることができ、若い果実も塩漬けにして食用にします。
(写真)2020.7.16 加東市畑(朝光寺)

June 28, 2020

キントラノオ目 コミカンソウ科 

高さ1~3mになる落葉の低木で、日当たりのよい林縁や土手に生えます。
日本の本州(関東地方以西)、四国、九州と、朝鮮半島、中国、台湾に分布します。
雌雄別株で、花は6月~8月に咲きます。
(写真)雌株 2020.6.27 たつの市新宮町

(写真)雄株 2020.6.27 たつの市新宮町

June 12, 2020

バラ目 バラ科 

高さ1~2mになる落葉低木で、日当たりのよい林縁や伐採跡地に生えます。
日本の北海道~九州と、朝鮮半島、中国(東北部~北部)に分布します。
花は、5月~7月に咲きます。
果実は6月~8月に赤く熟し、食べられます。
(写真)2020.6.12 神戸市北区淡河町野瀬(神戸青少年公園)

May 26, 2020

シソ目 モクセイ科 

高さ2~4mになる落葉の低木ですが、暖地では冬も緑の葉が残ることがあります。
日本の北海道~九州と、朝鮮半島、中国に分布します。
花は5月~6月に咲き、多くの昆虫がやってきます。
ライラックを栽培するときの接ぎ木の台木として使われます。
樹皮につくイボタロウムシが分泌する蝋(ろう)はろうそくの原料や日本刀の手入れに使われましたが、疣(いぼ)を取る効果があるといわれ、名前の由来になったといわれています。
(写真)2020.5.25 加東市畑

May 26, 2020

セリ目 ウコギ科 

高さ2~4mの落葉低木で、森林や原野に生えます。
日本の固有種で、本州(岩手県以南)と四国(高知県)に分布します。
雌雄別株で、花は5月~6月に咲きます。
新芽は昔から山菜や救荒植物として利用されてきたもので、独特の香りがあっておひたしや天ぷらにして食べるほか、塩ゆでして細かく刻んだものを炊きあがったご飯に混ぜて「ウコギ飯」として食べられています。
(写真)2020.5.25 加東市畑

September 30, 2019

シソ目 クマツヅラ科 

熱帯アメリカ原産の常緑低木で、高さは0.2~1.5mになり、園芸植物として栽培されているものが暖かい地域では野生化しています。
日本には江戸時代に渡来し、多くの園芸品種があり、ランタナと呼ばれて親しまれています。
花は、6月~11月に咲きます。
花は外側から内側へと咲いていき、花の色が黄色からピンク色に変わっていくことから七変化(シチヘンゲ)と名づけられました。
生態系被害防止外来種リスト:重点対策外来種

世界の侵略的外来種ワースト100
(写真)2019.9.29 加古川市尾上町養田

September 10, 2019

バラ目 イラクサ科 

日当たりのよい湿った谷沿いに多い落葉の半低木で、高さは1mほどになります。
日本の本州~九州と、朝鮮半島、中国に分布します。
茎の下部が木質化するので多くの図鑑で低木として扱われていますが、草本の図鑑に掲載されていることもあります。
草刈りがよく行われる場所に生えるものは茎が木質化していないので、草本のように見えます。
雌雄同株で雄花と雌花があり、花は8月~10月に咲きます。
有性生殖をする2倍体のものと、無性生殖の3倍体のものがあり、3倍体のものには通常は雄花がありません。
よく似たものに茎が木質化しないクサコ...

August 22, 2019

ムクロジ目 ミカン科 

高さ1.5~3mの落葉低木で、日当たりのよい林縁や伐採跡によく生えます。
日本の本州~沖縄と、朝鮮半島、中国、台湾に分布します。
雌雄別株で、花は7月~8月に咲きます。
果実は9月~10月に褐色に熟し、裂開して光沢のある黒色の種子が現れます。
サンショウとよく似ていますが、枝のトゲが互生であることと、葉をちぎってもサンショウのようなよい香りがしないことで見分けることができます。
植物で食用にならないもの、役に立たないものの名前に「イヌ」がつけられることが多く、食用にならないサンショウということで名づけられました...

July 19, 2019

シソ目 シソ科 

高さ2~3mになる落葉低木で、低山の林縁や明るい林内に生えます。
日本の本州(宮城県以南)、四国、九州と、朝鮮半島に分布します。
花は、6月~7月に咲きます。
果実は、秋に紫色に熟します。
ムラサキシキブに似ていますが、枝には星状毛が密生し、葉の裏にも白色の星状毛が多く生えることで見分けることができます。
(写真)2019.6.9 丹波市山南町

July 19, 2019

バラ目 クロウメモドキ科 

高さ4mほどになる落葉低木で、山地の湿った場所や湿地に生えます。
日本の本州、四国、九州と、朝鮮半島、中国、台湾、東南アジアに分布します。
花は、6月~7月に咲きます。
果実は緑色から赤色になり、最後は紫黒色に熟します。
葉は互生で着きますが、右右・左左と2枚ずつ着く「コクサギ型葉序」と呼ばれる着き方をしているものも一部に見られます。
稲を束ねる「結いそ」にこの木の枝を使ったことから、「ユイソの木」がイソノキになったといわれています。
(写真)2019.6.17 小野市来住町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

October 18, 2020

October 18, 2020

October 14, 2020

October 13, 2020

October 10, 2020

September 30, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Google+ - Black Circle

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia