Blog

October 13, 2020

チョウ目 シャクガ科 
開張 36~59mm 
昼間に花にやってくるほか、灯火にも飛来します。
後翅の尾状突起が長く伸びるのが特徴です。
幼虫は、針葉樹を含む多くの植物を食べます。
成虫は、5月~11月に見られます。
日本の北海道~沖縄に分布します。
(写真)2020.10.13 小野市小田町

October 10, 2020

チョウ目 ツトガ科 
開張 25~28mm 
昼間に花にやってくるほか、灯火にも飛んできます。
幼虫は、イノコズチの葉を食べます。
成虫は、6月~10月に見られます。
日本の本州、四国、九州と、中国に分布します。
(写真)2020.10.10 三木市朝日ヶ丘

September 30, 2020

チョウ目 ツトガ科 
開張 約22mm 
日中に活動し、花にやってくるほか灯火にも飛んできます。
幼虫は、キク科の植物を食べます。
成虫は、5月~6月と8月~9月に見られます。
日本の北海道~九州と、朝鮮半島、シベリアに分布します。
(写真)2020.9.30 小野市下大部町(加古川河川敷)

September 29, 2020

チョウ目 シャクガ科 
開張 15-17mm 
幼虫は、バラ類の葉を食べます。
日本の北海道~九州と、朝鮮半島、中国に分布します。
成虫は、5月~6月と8月~9月に見られます。
(写真)2020.9.29 高砂市高砂町向島町(加古川河川敷)

September 24, 2020

チョウ目 メイガ科 
前翅長 9~11mm 
池の土手の草地で見られましたが、幼虫が何を食べているかわかっていません。
成虫は8月~9月に見られますが、あまり多くないようです。
日本の本州(神奈川県以西)、九州と、オーストラリア、ニューギニアに分布します。
(写真)2020.9.24 加古郡稲美町加古

September 17, 2020

チョウ目 ヤガ科 
開張 14~20mm 
幼虫はイネの葉を食べ、イネアオムシと呼ばれるイネの害虫として知られています。
成虫は、5月~9月に見られます。
日本の北海道~沖縄と、台湾、東南アジア~インドの稲作地帯に広く分布します。
(写真)2020.9.17 明石市明石公園

September 17, 2020

チョウ目 ツトガ科 
開張 12~23mm 
幼虫は、水草のウキクサ類(サトイモ科)、トチカガミ科、ヒシ類(ミソハギ科)、スイレン科の植物を食べます。
成虫は、7月~9月に見られます。
日本の北海道~沖縄と、朝鮮半島、中国、台湾、シベリアに分布します。
(写真)2020.9.17 明石市明石公園

September 16, 2020

チョウ目 ハマキガ科 
開張 15~16mm 
幼虫は、バラ科、ウリ科の植物を食べます。
成虫は、6月~9月に見られます。
日本の北海道~沖縄と、中国、アムールに分布します。
(写真)2020.9.16 丹波篠山市味間南

September 15, 2020

チョウ目 ヤガ科 
開張 28~35mm 
幼虫は、イラクサ科のヤブマオ、カラムシ、アカソなどの葉を食べます。
成虫は、5月~9月に見られます。
日本の本州、四国、九州と、朝鮮半島、中国、台湾に分布します。
(写真)2020.9.15 西脇市黒田庄町黒田(荘厳寺)

September 12, 2020

チョウ目 ハマキガ科 
開張 14~19mm 
幼虫は、ブナ科の果実(ドングリ)を食べます。
成虫は、8月~10月に見られます。
日本の北海道~九州と、アムールに分布します。
(写真)2020.9.12 三木市福井(三木山森林公園)

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

October 18, 2020

October 18, 2020

October 14, 2020

October 13, 2020

October 10, 2020

September 30, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Google+ - Black Circle

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia