Blog

June 13, 2020

シリアゲムシ目 シリアゲムシ科 

前翅長 12~16mm 
日本の本州(中部地方~中国地方)に分布しますが、あまり多くないようです。
昆虫などの小動物の死がいや腐った植物を食べるといわれています。
成虫は、5月~6月に見られます。
(写真)2020.5.24 宍粟市千種町西河内(天児屋たたら公園)

June 13, 2020

トビケラ目 フトヒゲトビケラ科 

前翅長 16~25mm 
幼虫は山地の渓流や平地の小川などの流水中に生息し、成虫は昼間に渓流の上を飛翔します。
オスの翅には白色、黄色、灰色の斑紋のものと斑紋のないものの四つの型があり、メスの翅には灰色の斑紋のものと斑紋のないものが知られています。
日本の本州と四国に分布します。
成虫は、5月~7月に見られます。
(写真)2020.6.8 神戸市灘区六甲山町(六甲高山植物園)

September 23, 2019

トビケラ目 トビケラ科 
前翅長 30mm内外
幼虫は池沼、ダム湖などの止水に生息し、成虫は夏から秋にかけて灯火に飛来します。
日本の北海道~九州に分布しますが、北海道以外での採集例は少ないといわれています。
後翅が淡黄色で先端が黒く、これが名前の由来になっています。
幼虫は、水中で落葉を短冊状に切り取り、円筒形の巣を作ります。
池沼の水質悪化、農薬の使用、夜間照明による誘引などにより減少していると考えられることから7府県でレッドデータブックの対象となっていますがそのほとんどが「情報不足」とされ、実態はよくわかっていないようです。
...

July 4, 2019

ナナフシ目 ナナフシ科 

体長 メス70~100mm オス60mm程度 
林縁の木の葉の上や草の上で見られます。
メスは緑色や褐色をしていますが、オスは濃い褐色をしています。
通常はメスだけで卵を産んで増えますが(単為生殖)、非常に稀にオスが現れます。
体が木の枝に似ており、ゆっくりと動くことにより天敵から身を守っています。
エダナナフシに似ていますが、触角が前脚よりはるかに短いことで見分けることができます。
日本の本州、四国、九州に分布します。
成虫は6月~11月に見られ、カシ類、コナラ、エノキ、ケヤキ、サクラ類の葉を食べます。
(...

February 1, 2019

ナナフシ目 ナナフシ科

体長 57~75mm

湿り気の多い樹林の地表や樹木の低いところで見られますが、秋になって気温が下がってくると道や建物の周囲に出てきて目に付くようになります。
通常は褐色をしていますが、緑色のものもいるということです。
全身にトゲが生えていますが、触っても痛くありません。
飛ぶことができませんが、木の枝に似ているのと、じっとしていることが多いので天敵の鳥に見つかりにくくなっています。
野外ではオスは過去に一度しか見つかっておらず、通常はメスだけで卵を産んで繁殖しています。
卵は鳥に食べられても消化されてしまわずにふ...

October 3, 2018

カマキリ目 カマキリ科

体長 68~95mm
林縁やその付近の草地で見られます。
様々な昆虫を捕まえて食べます。
チョウセンカマキリとよく似ていますが、前足の鎌の付け根がチョウセンカマキリはオレンジ色をしているのに対し、オオカマキリは薄い黄色であるところで見分けることができます。
成虫は、7月~11月に見られます。
(写真)2018.10.3 小野市黍田町

September 30, 2018

トビケラ目 ヒゲナガカワトビケラ科

前翅長 14~24mm
川の上流から下流の流れのあるところに生息します。
幼虫は、川底の大きな石に巣を作って生活し、巣の上に張った網に流れてきてひっかかった落ち葉や藻を食べます。
ヒゲナガカワトビケラと大変よく似ていますが、前足のトゲ状突起の数で見分けることができます。
ヒゲナガカワトビケラでは突起が3本ですが、チャバネヒゲナガカワトビケラではオスは突起がなく、メスは2本です。
成虫は、3月~10月に見られます。
(写真)メス 2017.5.21 篠山市今田町 

September 22, 2018

カマキリ目 カマキリ科

体長 45~68mm
林縁や公園の樹木やつる植物の葉の上でよく見られます。
体の色は緑色のものが多いですが、褐色のものもいます。
様々な昆虫を捕まえて食べます。
成虫は、7月~12月に見られます。
(写真)2016.10.16 丹波市山南町

 (写真)褐色 2018.10.26 加古川市尾上町

September 22, 2018

カマキリ目 カマキリ科

体長 36~63mm
林縁や草地で普通に見られます。
普通は褐色ですが、まれに緑色のものもいます。
様々な昆虫を捕まえて食べます。
卵は、木の根や石のすき間などの見つけにくいところに産みつけられます。
成虫は、8~11月に見られます。
(写真)2016.9.11 丹波市山南町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

October 18, 2020

October 18, 2020

October 14, 2020

October 13, 2020

October 10, 2020

September 30, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Google+ - Black Circle

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia