Blog

July 16, 2020

クモ目 コガネグモ科 

体長 メス9.0~18.0mm オス3.5~6.0mm 
平地~里山に生息し、家や神社、寺院などの建物の周囲、道路沿いで見られます。
全国的に少ないようで、兵庫県ではこれまで多可町で記録があるだけのようです。
日本の本州(関東地方以西の太平洋・瀬戸内海沿岸地域)、四国、九州に分布するとされています。
兵庫県レッドデータブック:要調査種
(写真)2020.7.16 加西市河内町

May 12, 2019

体長 メス9~12mm オス6~11mm

都市部から山地まで広く生息し、庭園、公園、草原、樹林地、林道沿いなどの木や草の枝・葉の間に潜み、夕方になると葉の上で前足を広げて獲物を待ちます。
成体は、4月~10月に見られます。
(写真)オス 2019.5.11 多可町八千代区

(写真)メス 2020.5.20 三木市福井

February 3, 2019

体長 メス5~7mm オス4~6mm

神社、公園、雑木林の周辺などで見られます。
地表、落葉上、倒木上などを歩き回ってアリを捕まえます。
成体は、春~秋に見られます。
(写真)メス 2018.3.4 明石市明石公園

December 3, 2018

体長 メス6~11mm オス5~9mm

河原、池の周囲、水田、草原などで見られます。
主にイネ科のススキやヨシなどの葉や茎の上で生活し、飛んでくる昆虫を捕まえます。
メスとオスでは斑紋が全く違い、別の種のように見えます。
成体は、春~秋に見られます。
(写真)オス 2017.10.11 小野市黍田町

October 31, 2018

体長 メス8~12mm オス4.5~5mm

人家の軒下、コンビニエンスストア、街灯の周囲など人工的な環境で多く見られます。
夕方に網を張り、次の日に網を張る前に古い網をたたみます。
成体は、7月~11月に見られます。
(写真)2018.10.31 加東市東古瀬

October 16, 2018

体長 メス5~6mm オス4~5mm
人家周辺、草地、河川敷などの開けた環境に多く、草や木の上を歩きまわって獲物を探します。
成体は、一年中見られます。
(写真)オス 2017.10.11 小野市黍田町

October 16, 2018

体長 メス6~8mm オス5~6mm
人家の庭、生垣、雑木林など、様々な場所で見られます。
草や木の上を歩きまわって、獲物を探します。
アリに大変よく似ているので、気づかないことがあります。
成体は、6月~8月に見られます。
(写真)メス 2018.5.29 小野市黍田町

October 16, 2018

体長 メス6.5~7.5mm オス6~7mm
草原、河原、水田、林縁などの草や低木の葉の上で見られます。
成体は、4月~10月に見られます。
(写真)オス 2016.5.1 丹波市青垣町

 (写真)メス 2019.5.29 加古川市尾上町

October 16, 2018

体長 7~13mm
人家の庭、公園、生垣など、人工的な環境でよく見られます。
木や草の葉の上を歩きまわって獲物を探します。
成体は、4月~8月に見られます。
(写真)メス 2017.9.5 丹波市山南町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

October 18, 2020

October 18, 2020

October 14, 2020

October 13, 2020

October 10, 2020

September 30, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Google+ - Black Circle

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia